9,800円(税込)以上お買い上げは送料無料

80年代ティンガティンガ絵画-クジャクとカラスとムナジロガラス(フレーム付き)

80年代タンザニアのティンガティンガ派の絵です。木枠付きです。
商品詳細画像
  • 商品サムネイル
※実物に近い色味を再現するよう努めておりますが、ご閲覧の環境によって多少異なる場合があります。ご了承ください。
型番 tt-013
価格 80,000円(内税) 送料無料
在庫数 一点限り
購入数
タンザニアのティンガティンガ派の作品です。

黒く大きなカラス、クジャク、そしてティンガティンガ絵画のモチーフとしておそらく最も多く描かれてきた、アフリカ大陸に分布する胸の白いカラス(スワヒリ語でクングール[kunguru])が唐草模様に描かれています。

近年主流となっているキャンバス布ではなく、繊維板のメゾナイト(マゾニット)にエナメルペンキで描かれた貴重な作品です。

リビングや店舗を上質な空間に演出します。

※本作品には製作当初のままのフレームが付いています。

実店舗(南青山)にて作品の実物を見ていただくことも可能です。

アーティスト:Juma
制作年:1980年〜90年代初頭
サイズ:約60cm×60cm

制作者、制作年はアフリカ美術研究家・故白石顕二氏の現地調査および以下の著作(山本富美子氏との共著)を参考にしています。
『ティンガティンガ-アフリカンポップアートの世界』講談社
『ティンガティンガとリランガ』高知県立美術館

送料600円(税込) 9,800円以上お買い上げは送料無料

このアイテムをシェア 友達に教える

お気に入り

お気に入り登録すると次回訪問の際にこのエリアに商品が表示されます。

お気に入り登録について

着こなしスナップ

着こなしスナップ もっと見る


アフリカとニッポンをハッピーに!

>